読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

階段が何段あるか数える

例えば100〜200段とかある階段で


いちにさんしごろくしちはちきゅう  じゅう

いちにさんしごろくしちはちきゅう  にじゅう

いちにさんしごろくしちはちきゅう  さんじゅう


と数えてると、そのうち、50(ごじゅう)だったか60(ろくじゅう)だったか分からなくなってしまう。


頭の中に次から次へと数が浮かんでくるので、大事な◯じゅうの部分が記憶の海に埋もれてしまう。


たんたんたんたんたんたんたんたんたん  じゅう

たんたんたんたんたんたんたんたんたん  にじゅう

たんたんたんたんたんたんたんたんたん  さんじゅう


と数えてみる。不思議なことにさっきの数え方より◯じゅうの部分を忘れなくなった。


リズム感よく


たんたんたんたんたんたんたんたんたん


を刻むと


意外と1〜9を数えるとこは口に出さなくて平気だった。


他にも何か応用きかないかな〜?